アミタブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にんじん

ほとんど毎日、にんじんを食べている私


そう、こだわって食べているのです


なぜかというと、にんじんを毎日1本食べ続けると


ニキビっつら(吹き出物と言ったほうが良いでしょうか)に


変化が起き、お肌がツヤツヤになるというのです!


と、まぁ間接的に情報を得て実行に移っているわけです


いくつになっても、綺麗でいたい女ごころ


にんじんにも大きさは様々


飽き症の私は無理なく食べ続けられる量にしています。


蒸しにんじんに塩パラリ、もちもちチヂミの具、野菜炒め、


生にんじん千切りサラダ、お味噌汁の具、スープの具・・・


ギトギト調味料の味で食を楽しむのは苦手なので


食べ方はとてもシンプルです

 

さて、なぜ、お肌がツヤツヤになるのかと栄養を調べてみました


にんじんにはβーカロテンを多く含む西洋系と


リコピンを多く含む東洋系があります。


βーカロテンの働きについて
体内でビタミンAに変わり、からだの抵抗力を高める。
細胞を悪性化する活性酸素の抑制、貧血や冷え性の改善、
粘膜や皮膚を健やかに保つ。
βーカロテンは油と一緒に摂取すると吸収率が高まる。

にんじんには血圧を下げる作用のカリウムや
便秘を予防する食物繊維も含まれています。

リコピンの働き
トマトの赤い色素でもあるリコピン。
ストレスや紫外線、禁煙などで増加する体内の活性酸素を消す物質。
抗酸化能力はβーカロテンの2倍、ビタミンEの100倍!
熱に強く加熱料理をしても減ることはない。


やはりこう見ると、食べて損の無い野菜だということがわかります


全国の気候に応じた品種が栽培され、一年中市場に出回っているにんじん。


にんじん本来の旬は、9月ごろから12月頃です


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。