アミタブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐戸魚食塾6月編

6月、梅雨真っ只中!


今日は朝からカンカン照りでめまいがしましたが、


なぜか今はしっとり曇っているではないか(ーー゛)


洗濯物がジト~っとなる季節ですね。


前回、唐戸魚食塾が表彰されたことを書きました


実際、唐戸魚食塾を受講するとどこまで腕が上がってしまうのか


そして、食育について何を学ぶのか


6月19日の魚食塾について書いてみました


題して「女性を磨く魚食塾 ステップアップ編(2回目)」


まずは男前・塾長より開催にあたり挨拶、


講演として昆布の専門家より「旨いだしの話」とだしの試飲がありました。


「料理はだしが命」と言われますが、


これは美味しいだしを舌で感じとった方でないと


発言は許されないんだと思いました


そして調理実習に入る前に、調理講師より調理実演があります。


家庭で日常使えるワンポイントアドバイスも加えていますので


受講者は「うん、うん、なるほど・・・あら、いいじゃない」って


表情をされ、のちに調理実習で取り入れられています


食材は地産地消を目的としていますので、旬を取り入れた(極力)地場産使用。


魚の骨等は、味噌汁の出汁として使うなど食材を無駄にしない知恵も教わります


献立は以下のように一食分を考慮し構成されています。


アジの姿造り、イサキの塩焼き、コールスローサラダ、味噌汁、キュウリの浅漬け
6月魚食塾1
魚に包丁を入れたことのなかったキャシャリンですが、


おかげさまでアジの姿造りができるまでになりました。
ご飯は大盛りではないですよ~


皆さんも機会があれば、是非唐戸魚食塾を受講ください


総合的に見て、受講費の2倍は得しますっ


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。